どうも、Adachinです。

最近アタックがぱない!
少しマシになったけど・・・・

(・∀・#)

「自鯖が勝手に落ちるじゃないかああ・・・」
IP拒否はhostsiptablesの2つ方法がありますが、
わたしはiptables派でございます。
なぜだって?iptables使えこなせたら、
かっこいいじゃん!それだけですw
CentOSとUbuntuでのやり方をメモしときます。


■CentOSの場合

・確認

・拒否したいIPを設定

・185.x.x.xを拒否したい時

・設定を保存

/etc/sysconfig/iptables に保存される。(直接 iptables を編集した場合は実行しない!)

保存前なら iptables の再起動で設定前の状態に戻る。

・再起動

・ルールを削除したい場合

iptables -L の一覧で表示された順番でコマンドを打つ。


■Ubuntuの場合

基本的にCentOSと変わりませんが
サーバ再起動とか起動時、自動的に反映されないので、
以下パッケージをダウンロード。

インストールを実行すると、
/etc/iptables/rules.v4 や /etc/iptables/rules.v6 というファイルが作られる。
v4がIPv4向け、v6がIPv6向けの設定で、インストール時の設定が保存される。

・確認

・拒否したいIPを設定

・設定の保存

※ ubuntu 16.04だと名前変わった! (iptables-persistent→netfilter-persistent )


以上でやんす。

ほかにもやり方があるので検証検証~

参考:http://www.mazn.net/blog/2013/11/02/1308.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げた。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行っている。未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください