Hai.Adachinです。

今回は備忘録です。

ログとか見る時、いつもtail -fしてたんです。

でもそっからログがばんばん出てきて見逃すこととかあるじゃないですか。

そっから検索するとき毎回Ctl + cしてlessで確認するというこの手間。。。

lessで全部できればいいなあと思いman lessをしてみました。


■man less

おや!

自分なりに翻訳してみた。

(・∀・)イイネ!!


■使い方

ctl + c で戻って/知りたい文字 で検索できます。

 

これはいいですね。もうtail -fなんてしません。

ばいばいtailさん。。。(・∀・)ノシ


あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください