LINEで送る
Pocket

Haiiii!!!! Adachinです。

今回はネットワークのお話。

ルーティングテーブルの追加方法を簡単にブログします。


■ルーティングテーブルとは

ルータや端末が保持するパケットの配送先に関する経路情報。

とりあえずネットワークの道順的なもんだと思えばいいです。

しかも2つ種類があります。

  1. スタティックルーティング
  2. ダイナミックルーティング

1はあらかじめネットワーク管理者が接続するネットワークのアドレスを設定する方法。

2は道順をルーティングプロトコルで自動的に設定する方法。

なので、新規ネットワーク構築となれば1が多いと思います。


■確認するコマンドは?

では実際に手動で追加する方法を書きます。


■手動で追加する方法


 ■削除したい場合

ちなみに再起動すると設定が消えるので。。


 ■再起動しても消えないようにするため

・[/etc/sysconfig/network-scripts/route-eth*]ファイルを作成し内容を以下のように記載する


■まとめ

再起動しても消えないようにする方法が他にもありますが、

例えばany hostとかany netとかただ定義するだけなので、

上記のようなかんじでOK

参考書:http://www.infraexpert.com/study/routing2.html

LINEで送る
Pocket


adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、ECS(Fargate)、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください