LINEで送る
Pocket

Hai.Adachinです。

今までChef-Server 11を使っていたんですが、

 

Chef-Server 12になってnode数が限られてしまうという噂を聞いて・・・

検証などしておりませんでした。

しかし、エンタープライズの有料向けが制限ありなだけで、無料版を使えば今までと同じように使える!?

なので11から12にアップグレードしてみました。(検証じゃ!)(CentOSにて)


■やり方

1.とりあえずchefを再起動

2.chefをstop

3.最新版rpmファイルを落とす

4.アップグレード!

5.スタート!

6.お掃除


■これで終わりじゃない

12から機能がかなり増えてます。

イメージ的には細かくwebで何をやってるのか確認できるようになって、

管理がし易くなった感じですねえ。

・Chef Manage

・Chef Push Jobs

・Chef Replication

・Reporting

こいつらをインストールします。

●Chef Manage

●Chef Push Jobs

●Chef Replication

●Reporting


■ログイン

新しくログインユーザを作るとこんな画面が出ます。

chefmanage

何もない・・・・(;・∀・)

多分デプロイがうまくいっていないと思うので、後で時間あるときにでも直します。


■まとめ

ちなみにChef-Server 12はどんなことができるようになったか下記に書いときます。

だそうです。

とりあえず、触ってみた感想としては、

11より初期設定が少しめんどくさくなった感じはします。

ちなみに結構エラー出てますw

ではでは(・∀・)ノシ

参考:https://docs.chef.io/upgrade_server.html

 

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: BlogCentOSChef

adachin

1989年生まれのLancers SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、グループ会社のインフラをECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面作成、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください