LINEで送る
Pocket

Hi.Adachinです。

 

linux操作ではよくgrepを使っているのですが、
pgrepのコマンドをよく知らなかったので調べてみました。
かなり便利なので、皆さんも重宝するといいかもです(・∀・)


■どういう時に使うのか

例えば、ある実行中のプロセスの確認やそのプロセスをkillしたい時、

私はいつも通りこんな流れで確認してました。

プロセス番号をコピペ!!

抹消!!!

こんなことをよく参考書とかに書いてありますよね・・・

一度でkillしたいなあと・・・(めんどくさい(・∀・)

それが!!!


■pgrepを使う

こんな感じにプロセス番号を一発で分かるという・・・

■pgrepのオプション

プロセス名を確認したいときは-lfつけてあげればOKです(今回はchefのプロセス)


■pkillを使う

わざわざプロセス番号を確認しなくてもhogeというプロセスを抹消できます


■まとめ

ちなみにpkillのデメリットとしては
抹消したくないプロセスまで消してしまうので、要注意!
pgrepは重宝しますね(・∀・)

参考:http://kazmax.zpp.jp/cmd/p/pgrep.1.html

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: BlogCentOSlinux commandUbuntu

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください