Hi.Adachinです。

 

linux操作ではよくgrepを使っているのですが、
pgrepのコマンドをよく知らなかったので調べてみました。
かなり便利なので、皆さんも重宝するといいかもです(・∀・)


■どういう時に使うのか

例えば、ある実行中のプロセスの確認やそのプロセスをkillしたい時、

私はいつも通りこんな流れで確認してました。

プロセス番号をコピペ!!

抹消!!!

こんなことをよく参考書とかに書いてありますよね・・・

一度でkillしたいなあと・・・(めんどくさい(・∀・)

それが!!!


■pgrepを使う

こんな感じにプロセス番号を一発で分かるという・・・

■pgrepのオプション

プロセス名を確認したいときは-lfつけてあげればOKです(今回はchefのプロセス)


■pkillを使う

わざわざプロセス番号を確認しなくてもhogeというプロセスを抹消できます


■まとめ

ちなみにpkillのデメリットとしては
抹消したくないプロセスまで消してしまうので、要注意!
pgrepは重宝しますね(・∀・)

参考:http://kazmax.zpp.jp/cmd/p/pgrep.1.html

カテゴリー: BlogCentOSlinux commandUbuntu

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください