Hai.Adachinです。

ちょいと先輩に教わったんですが、

 

cronで定期実行しているスクリプトがたまに終わらなかったりして、

また時間になると勝手にスクリプト起動…

うおおおおおお!!!!!!!!!やべえええ終わってないやろおおとなったことがありますが、

aseru

setlockコマンドを使えば問題ないとのことなのでご紹介します。

こいつはやりおる(・∀・)


■setlockを使ってみる

まずはオプションを紹介。

-n:指定したファイルがロックされている場合、コマンド実行を諦めて終了する
-N: デフォルトオプション。指定したファイルがロックされている場合、新しいロックをかけることができるまで待機する
-x: ファイルのロックができない(あるいは作成できない)場合、コード0で終了する
-X: デフォルトオプション。ファイルのロックができない(あるいは作成できない)場合、エラーメッセージを吐いて非0コードで終了する

・よく使うオプション


■まとめ

ちなみにsetlockコマンドはdeamontoolsを入れないとダメなので、

下記のサイトを参考にしてインストールしてくださいw(メンドウ)

http://joppot.info/2014/07/22/1777

参考:http://www.emaillab.org/djb/tools/daemontools/setlock.html

 

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す