LINEで送る
Pocket

Hai.Adachinです。

2週間ぶりのブログになりますw

今回は仮想技術で有名なKVMのゲストディスクを拡張する方法をブログします。

 

DBをDumpしてたら「やべぇ!ディスク足りない!」となったので、

ちゃちゃっとディスク増やしました。


■前提

ディスクは100GBから300GBまで増やします。プラス200GBですね。

OSはCentOS6.6


■作業前

必ずゲストのシャットダウンとゲストをスナップショットしときましょう。

前回のブログにて書いてます。


■仮想ディスクの確認[仮想ホストにて]

イメージファイルは適宜変更してください


■fdiskの操作[仮想ゲストにて]

※デバイス名は環境に併せて適宜変更して下さい。

・fdisk を実行して、ディスクを切り直します。

警告が出ますがそのまま無視

・状態を確認(pコマンド)

/dev/vda2 の LVMをリサイズします。開始シリンダの値をメモ。

・削除

・Linux LVM にタイプ変更

・再度確認

・書き込み、終了


■物理ボリュームのサイズ変更

・pv ( PhysicalVolume ) をリサイズ

・論理ボリュームをリサイズ

・サイズ確認

容量が増えてたらOK


■まとめ

とりあえずこのやり方でエラーなど出なかったので、

正規の方法とかは参考書とか見ないと分かりませんね。

あとで見とこう・・・

参考:http://b.ruyaka.com/2014/05/08/kvm-guest-os-increase-disc/
http://www.agilegroup.co.jp/technote/kvm-guest-lvmresize.html
http://qiita.com/nouphet/items/fea026c03ca86ec54111

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: BlogCentOSKVM仮想化

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください