Hai,Adachinです。

今回は久しぶりに学習コストが高いChefのブログです。

 

Berkshelf !!!

って聞いても分からないと思いますが、

chefのレシピって単純に書いてそのまま適用して・・・そのまま放置してしまうと、

パッケージとか勝手にバージョンアップされてしまいます。

依存関係とかめちゃくちゃ・・・

しかも簡単に「これはアップデートする、これはアップデートしない」とか管理を楽にしたいじゃないですか。

これを防ぐのがBerkshelfなわけで、設定しないとマズイことになります。(´・ω・`)オソロシイ

導入してみましょう!


■インストール

■Berksfileの設定

chefのレポジトリに下記ファイルを作成します。

・Berksfileの設置

以下のようにバージョンを指定します
今回はchef-clientとnginxのバージョンを指定しました。

■cookbooksのダウンロード

それぞれ依存関係のある Cookbook らもダウンロードされます。
これでいちいち依存を解決しつつダウンロードなんてこともしなくて済みます。

Berksfile.lockが勝手に作成される

Berksfileが荒ぶらないようにロックしてくれます。

■最新のcookbooksに反映


■まとめ

これでchefのレシピが荒ぶらないようになった。

移行とかの場合はberks updateでいいかと。

書き方は公式にいろいろ書いてあるので後でブログします。

参考:http://berkshelf.com/v2.0/

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げた。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行っている。未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください