Adachinですっ。

久しぶりのMonitネタですが、

ruby/Railsで「delayed_job」がたまに落ちてる時があるとのことで、

Monitで自動起動させてほしいと依頼があり、ハマったのでブログします。

dalayed_job wiki⇛https://github.com/collectiveidea/delayed_job


■Monitの初期設定

以下を参考にしてください。

[監視]monitが熱い!!インストールからプロセス監視まで


■delayed_job

そもそも起動と停止は以下のようなコマンドで行います。


■トリガー設定


■まとめ

基本トリガーはrootユーザで監視しているので、どのユーザ/どのディレクトリでdelayed-jobが動いてるのか
/実行しているのかを考えれば一瞬で解決したお話。

なので、基本どんなプロセスも監視できるはず。
あとは実際そのコマンドを実行して、停止させてテストすればOKですな。

参考:自力

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください