Adachinですっ。

久しぶりのMonitネタですが、

ruby/Railsで「delayed_job」がたまに落ちてる時があるとのことで、

Monitで自動起動させてほしいと依頼があり、ハマったのでブログします。

dalayed_job wiki⇛https://github.com/collectiveidea/delayed_job


■Monitの初期設定

以下を参考にしてください。

[監視]monitが熱い!!インストールからプロセス監視まで


■delayed_job

そもそも起動と停止は以下のようなコマンドで行います。


■トリガー設定


■まとめ

基本トリガーはrootユーザで監視しているので、どのユーザ/どのディレクトリでdelayed-jobが動いてるのか
/実行しているのかを考えれば一瞬で解決したお話。

なので、基本どんなプロセスも監視できるはず。
あとは実際そのコマンドを実行して、停止させてテストすればOKですな。

参考:自力

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す