Adachinですっ。

ロードバランサーをipvsadmで設定をしている場合、

コネクションの値とかグラフ化して可視化したいなとググりまくってました。

そもそもipvsadmのバージョンが低すぎたため、snmpで値も取れず。。。

で、下記のテンプレートとUserParameterの設定をすればグラフ化できるよとあったのですが・・・

https://github.com/shinonome/zabbix_ipvsadm

なかなかうまくいかないので、「awkコマンド」使ってやってみました。


■ipvsadm -Ln

・例

ActiveConn:現在アクティブなセッションの数

InActConn:接続が完了してから一定時間内のセッションの数

この2つを可視化します。


■/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/ipvsadm.conf

変数化して楽にしました。


■zabbix_agentd.conf

これだけ。

設定できたらzabbix-agentdを再起動。


■zabbixにてテンプレートの作成とグラフ化

新しくテンプレートを作ります。設定するのは

1.アプリケーション→名前作るだけ

2.アイテムi001

InActConnも同様に行います。
新しいサーバが増えた場合は新しくアイテムを上記のように作成すればOKです。

3.グラフ

i02


4.スクリーンに追加

LBはkeepalivedで冗長化しているため、
MASTER、BACKUP二台とも設定しました。i003


■まとめ

これで可視化できたから見やすい!!!
LBリプレイスしたい!

参考:http://magonote-tools.com/ja/archives/435

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください