自宅dockerサーバ(CoreOS)にリソースモニタリングしたいなと思い、netdataは導入しているのですが、
せっかくなのでmackerel入れてみました。
そもそもCoreOS自体パッケージマネージャーみたいなものがないので、
バイナリファイルで直接ダウンロードするしかありません。
しかもUnitファイルもないのでこれはめんどくさいですが、新規で作成してみました。logomackerel


■mackerel-agentダウンロード(CoreOS)

これでmackerel-agentの設定は完了。
次はsystemctlでmackerel-agentが起動させたり、reloadしたりunitファイルを作ります。


■mackerel-agent.service

・Unitファイルの作成とサービス自動起動設定

startとreloadできるようにUnitファイルを新規で作成します。

勝手にシンボリックリンク作ってくれた。

・daemon-reload

この時点でmackerel-agent起動すると
「deamon-reloadしろや!」と怒られるので事前にやってきましょう。

・mackerel-agent.service起動

・動いてるか確認

OK!!ちゃんとreloadもできて大丈夫です!
グラフは….%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-30-12-47-28

取れてるわ!!


■まとめ

余裕でできた。
Systemctlについてあとでいろいろ見とこう。
あとはmackerelでdockerコンテナ監視するようにメトリックス作って試してみよう。

参考:https://mackerel.io/ja/docs/entry/howto/install-agent/binary
http://enakai00.hatenablog.com/entry/20130917/1379374797

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す