自宅dockerサーバ(CoreOS)にリソースモニタリングしたいなと思い、netdataは導入しているのですが、
せっかくなのでmackerel入れてみました。
そもそもCoreOS自体パッケージマネージャーみたいなものがないので、
バイナリファイルで直接ダウンロードするしかありません。
しかもUnitファイルもないのでこれはめんどくさいですが、新規で作成してみました。


■mackerel-agentダウンロード(CoreOS)

これでmackerel-agentの設定は完了。
次はsystemctlでmackerel-agentが起動させたり、reloadしたりunitファイルを作ります。


■mackerel-agent.service

・Unitファイルの作成とサービス自動起動設定

startとreloadできるようにUnitファイルを新規で作成します。

勝手にシンボリックリンク作ってくれた。

・daemon-reload

この時点でmackerel-agent起動すると
「deamon-reloadしろや!」と怒られるので事前にやってきましょう。

・mackerel-agent.service起動

・動いてるか確認

OK!!ちゃんとreloadもできて大丈夫です!
グラフは….%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-30-12-47-28

取れてるわ!!


■まとめ

余裕でできた。
Systemctlについてあとでいろいろ見とこう。
あとはmackerelでdockerコンテナ監視するようにメトリックス作って試してみよう。

参考:https://mackerel.io/ja/docs/entry/howto/install-agent/binary
http://enakai00.hatenablog.com/entry/20130917/1379374797

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください