LINEで送る
Pocket

今回はリモートbranchからローカルに持ってきて作業したい場合、どうやるのか。
間違えてgit pullしてしまい、pushして大変なことになった経験がある方多いんじゃないのかと思い!
正しい方法をブログします。

前回のブログは以下より(gitエイリアス化してます)

[github][git]ローカルとリモートのbranch名を変更したい場合


■ダメな方法

・現在のbranch

adachin-developをローカルに持っていきたい。

・こんなことをすると

汗・・・

・なんでダメなのか

上記のコマンドを打つと
masterにマージされましたとか出てくる。(自分は気づいてヨカッタ)
つまり、pullしちゃうと
今いるローカルのbranchにマージされてしまいます。
実際気づかずにpushして
「あああああああ!!!」と悲鳴をあげることも。。


■大丈夫だけどダサい方法

・adachin-developのbranchをローカルに

・branchの確認

・adachin-develop branchに切り替え

・確認


■もっと簡単な方法

これだとbranch作って、切り替えもしてくれる。


■まとめ

なんというかローカルに持ってくる時も新しくbranch切る感じ。
branchは個々別のものだと把握していればOK。
ヤバくなったらすぐに相談して前に戻そう!

参考
http://qiita.com/yoshiokaCB/items/eb68db0a81009b85c8a4
http://blog.inouetakuya.info/entry/20120826/1345979787

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: Bloggit

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください