ansibleにはnotifyという属性を使って、
confなど変更があった場合にサービスを再起動(コールバック処理)などできます
これを一般的にハンドラと言うのだが、あまりにも役に立つので紹介しましょう。


■Playbook

今回はelasticsearchのconfが変更あったら再起動させるplaybookを作ってみた。

・流れ

1.filesにあるファイルをコピーする
2.ファイルが変更あったらhandlersを呼んでelasticsearchを再起動させる

まずはhandlersというディレクトリを作成します。

・handlers/main.yml

ここはelastisearchを再起動するplaybook。

・tasks/main.yml

copyモジュールでコピーしてからのnotifyでファイルに変更あったら再起動させるようにします。
これで実行してみれば分かるのだが、
タスクがChangedを返さないとハンドラは起動しないようになっています。


■まとめ

ハンドラいいね!
余談なのだが、「あだちん冪等性って知ってる?」と言われ、
今までansibleは機能ごとにtagで指定してplaybook実行していたのだが、
それはやってはならんと知り、愕然としたw
次回は冪等性とはなんなのかブログで紹介したいと思います。

参考
http://docs.ansible.com/ansible/playbooks_intro.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す