サーバ内でのcron/crontabの設定も
もちろんansibleで可能なので、
今回はansible公式を元に解説していきたいと思います。(しっかりっと)


■Synopsis/概要

  • Use this module to manage crontab and environment variables entries. This module allows you to create environment variables and named crontab entries, update, or delete them.
  • When crontab jobs are managed: the module includes one line with the description of the crontab entry "#Ansible: <name>" corresponding to the “name” passed to the module, which is used by future ansible/module calls to find/check the state. The “name” parameter should be unique, and changing the “name” value will result in a new cron task being created (or a different one being removed).
  • When environment variables are managed: no comment line is added, but, when the module needs to find/check the state, it uses the “name” parameter to find the environment variable definition line.
  • When using symbols such as %, they must be properly escaped.

(訳)

  • このモジュールを使用してcrontabおよび環境変数を管理します。 このモジュールでは環境変数と名前付きcrontabを作成、更新、または削除することができます。
  • crontabジョブが管理されている場合、モジュールに渡された “name”に対応するcrontabエントリ “#Ansible:<name>”の記述を含む1行がモジュールに含まれます。”name”パラメータは 値を変更すると新しいcronタスクが作成されます。(または別のものが削除されます)
  • 環境変数が管理されている場合、コメント行は追加されませんが、モジュールが状態の検索/確認が必要な場合は”name”パラメータを使用して環境変数を検索します。
  • %などの記号を使用する場合は適切にエスケープする必要があります。

長い。


■Options


■やりたいこと

DBバックアップスクリプトを毎日AM3:30にcronで発動させる。
なので上記のOptionでminutehourでいけるはず。


■ansibleタスク

・確認


■まとめ

オプション意外とあるのね。。。
毎時5分だったら minute=”*/5″でOK。

参考
http://docs.ansible.com/ansible/cron_module.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げた。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行っている。未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください