LINEで送る
Pocket

ついにMacの環境を自動化してしまいました。
brew系とかzshrcとかアプリ系(Chromeとかfirefoxとか)インストール
などを手動でやるのはくそダルいので、
ansibleで実装してみました。
プロビジョニングツールはitamaeでもできますが、最近熱いのはMitamaeだそうです。


■事前準備

ここらへんはシェルスクリプト化したいところ。

・Xcodeのインストール

・Homebrewのインストール

・ansibleのインストール

・git clone/forkで持ってくる


■構成

基本ローカルで叩くのでhostsにはlocalhost、roleにはhomebrewやcask、ホームディレクトリに必要なファイルを管理しています。

・mac.yml

 

・group_vars/all

基本group_vars/allでパッケージを管理しますので適当に!


■dry run

はいオッケー!!!


■まとめ

パソコン移行するときに重宝すると思います。
Mac買い換えしたときとかも。
タイムマシーン使えばいいけど。。
リポジトリ化するとカッコいい。

ちなみに作ったリポジトリは以下にて。
https://github.com/RVIRUS0817/ansible_Mac

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: AnsibleHomebrewMac

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください