ついにMacの環境を自動化してしまいました。
brew系とかzshrcとかアプリ系(Chromeとかfirefoxとか)インストール
などを手動でやるのはくそダルいので、
ansibleで実装してみました。
プロビジョニングツールはitamaeでもできますが、最近熱いのはMitamaeだそうです。


■事前準備

ここらへんはシェルスクリプト化したいところ。

・Xcodeのインストール

・Homebrewのインストール

・ansibleのインストール

・git cloneで持ってくる


■構成

基本ローカルで叩くのでhostsにはlocalhost、roleにはhomebrewやcask、ホームディレクトリに必要なファイルを管理しています。

・mac.yml

・homebrew/tasks/main.yml

・homebrew-cask/tasks/main.yml


■dry run

はいオッケー!!!


■まとめ

リースパソコン移行するときに重宝すると思います。
Mac買い換えしたときとかも。
タイムマシーン使えばいいけど。。
リポジトリ化するとカッコいい。

ちなみに作ったリポジトリは以下にて。
https://github.com/RVIRUS0817/ansible_Mac

参考
http://mawatari.jp/archives/mac-provisioning-by-homebrew-and-ansible

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す