そうそう、adachin-serverをクラウドへリプレイスしようと思い
ansible化してplaybook作ってdry runしたらエラーが出た。
ちなみにOSはうぶんちゅ。


■なんじゃこりゃ

fatal: [126.235.13.154]: UNREACHABLE! => {“changed”: false, “msg”: “Authentication or permission failure. In some cases, you may have been able to authenticate and did not have permissions on the remote directory. Consider changing the remote temp path in ansible.cfg to a path rooted in \”/tmp\”. Failed command was: ( umask 77 && mkdir -p \” echo ~/.ansible/tmp/ansible-tmp-1490430435.64-164784626395809 \” && echo ansible-tmp-1490430435.64-164784626395809=\” echo ~/.ansible/tmp/ansible-tmp-1490430435.64-164784626395809 \” ), exited with result 1″, “unreachable”: true}

基本ローカルからadachin-serverに叩くのだが、
こんなエラーは初めて見たぞ!
ググるとUbuntuでハマってる海外の人がいた。


■Change Ansible Temporary Directory

https://davesnigier.com/changing-ansible-temporary-directory/

参考にした上記のブログだが、
基本ansibleは対象ホストに実行可能ファイルを作って、(ホームディレクトリに)
それを実行していることがわかる。 実行後はそのファイルをrmで削除している。
流れ的なものはansible実行時に-vvvvオプションをつければ見れるはず。
なので、ホームディレクトリ配下にしないようにしてエラーを出さないようにしている。

やってみたが。。。
なんかできなかったw


■もう少し調べてみた

しょうがないので実行ユーザのホームディレクトリの.ansibleディレクトリを調べてみた。

ん10月になんかやってるぞw
ということで一旦削除する。

・playbook叩く

できたw


■まとめ

ansible化もしたし、
どのクラウドにしようか迷う。
AWSは普段使ってるからGCPにしたいんだけど、
意外と値段が高かった。。

https://cloud.google.com/pricing/list?hl=ja

1コア4GBで3500円くらいか・・・
AWSの方が安いんじゃないの。あとはdigital oceanか。
さくらとかConoHaとかは使いたくないw
https://www.conoha.jp/docs/compute-create_vm.html
と思ったけどconohaのapi豊富!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください