WEBサーバといえば Apache とnginxですが

そういえば特徴とか全然分からなかったので

調べてみました!
Apacheの特徴

・ほとんどのコンピュータプラットフォームで実行することができる

・最新のHTTP/1.1契約をサポートする

・シンプルで強力なファイルに基づいたファイル配置(httpd.conf)

・CGI(Common Gateway Interface)をサポートする

・仮想ホストをサポートする

・HTTP認証をサポートする

・perlの統合

・統合されたプロキシサーバー

・ログをカスタマイズ

・サーバー側のコマンド(SSI)が含まれている

・完全なsocket層を支持する(ssl).

・ユーザセッションのトラッキング能力を有する

・java servletsを支持する

 

nginxの特徴

・静的ファイル、インデックスファイル、および自動インデックスを作成

・ファイル記述子のバッファを開ける

・キャッシングのリバースプロキシがない

・単純な負荷分散とフォールトトレランス

・モジュラー構造

→gzipping, byte ranges, chunked responses, SSI-filterなどのfilterを含む

・nginxは性能最適化のために設計され、効率を最も重要な考慮事項とする

・nginxは高い安定性を持つ

・ホットデプロイをサポートする

 

で。。簡単に言うと。。。

Apache→オールラウンダー

nginx→Apacheよりも高い安定を持つ

あとで性能テストします!

 

そしてあの本が届いた。。。。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す