LINEで送る
Pocket

https://blog.adachin.me/archives/4693
前回のブログはEC2とVPCを自動化してみたので、今回はRDS(Aurora)とS3(Static Website Hosting)を実装してみました。


■aws_rds.tf

https://www.terraform.io/docs/providers/aws/r/rds_cluster_instance.html

今回はAuroraを使用しています。基本クラスターなので、
まずDB用のサブネットを作り、パラメータグループをコード化してからの
クラスター作ってクラスターインスタンスをコード化しています。
username、pass、instance_class変数化して他のtfファイルで保管してます。
※(master passはlifecycle使って次変更しても変化ないようにしています)⇛Vaultでやりたい


■aws_s3.tf

https://www.terraform.io/docs/providers/aws/r/s3_bucket.html

  • files/s3/policy/stg-adachin-logs.json

  • files/s3/policy/website_hosting_dev.adachin.com.json

Static Website Hostingのため公開バケットにしています。


■まとめ

terraformのドキュメント…読むの慣れてきた。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: AWSTerraform

adachin

1989年生まれのLancers SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、グループ会社のインフラをECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面作成、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください