個人でdockerサーバ(オンプレ)を運営してるのですが、
元々CoreOSインストール時にデフォルトでcoreユーザを使っており、
個人的に統一したく、CoreOSならではのユーザ作成ハマったのでブログします。(主にsudoers権限)


■Adding users

https://coreos.com/os/docs/latest/adding-users.html

useraddは可能ですが、sudoers設定はvisudoできず、直編集からの強制保存ができないので
/etc/sudoers.dに各ユーザファイルをぶち込んで管理するしかないようです。バグとも言ってるw
ちなみにCoreOSのバージョンは以下。


■Research

ちなみにvisudoで編集すると…

リードオンリーだからダメと怒られ..
直接編集してみると…

vimで:w!強制保存してるのになんかエラー出る。
ちなみに18行目にはinclude出来ないようにコメントされてる…..
sudoersファイルを権限変更したらまたリードオンリーだからダメとブチ切れられた。


■公式通りにユーザを追加してみる

ユーザ作成は問題なし。

ここからが鬼門。

 できたあああ


■まとめ

バグなのかセキュアなのかわからんw
includeコメントアウトしてるのに使えるからやっぱバグかなw
とりあえずこれでrootにもなれるしsshログインできるからOK!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください