LINEで送る
Pocket

😋

[CoreOS][Mackerel]バイナリファイルでmackerel-agentインストールしてみた

前回のブログより、CoreOSではパッケージマネージャー(yum,apt-get)がないので、
直接mackerel-agentをバイナリファイルからインストールするしかありません。
そして今回CoreOSでもmackerel-agent-pluginsを使えるようにしたいと思い!
2年ほど放置していたのでTRYしてみました。(忘れてた…)特にdockerのプロセス監視とか。


■CoreOS で Mackerel のプラグインを docker からビルドして使う

https://qiita.com/tily/items/c20fe93323b56b9c699f

とりあえず私のブログをリンクしてくれた@tillyさんのを参考にしてみました。
とりあえずcheck-procsとmackerel-agent-pluginsをdockerでソースからビルドしたもの動かす感じですな。


■build docker mackerel

・make Dockerfile.mackerel_plugins 

 ・build Dockerfile.mackerel_plugins 

・docker run

・test 

OK!!😆

・add mackerel-agent.conf

パスの設定をちゃんとやろうと思ったが…

怒られたので一旦絶対パスで設定してます。後で見よう..

・restart mackerl-agent

・Dashboards

シャーーーー😁


■まとめ

よし、とりあえず二年前の自分に終止符を打った。
そういえばMackerelハンズオン時
「コンテナのリソースはどうやればいいんです!?」@a_know(えーのう)さんに聞いたら、
mackerel-plugin-dockerを使えばいいんですよ!!」
とのことなので後でやってみます〜〜

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: CoreOSMackerel

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください