待ってたぜいいい!!!

去年の9月くらいにアナウンスされて待っていましたが、ようやくリリースされました。
チャットと言えばSlack、チャットワークが主流ですが、AtlassianがHipchatを終了にして
Strideへ全面移行するとのこと。まずはこちらの動画を見ていただきたい。

うむ。かっこいい。概要を見ていきましょう。


■About Stride

https://www.stride.com/

Strideはグループチャットやチャットやビデオ会議、チャットの内容をタスクとしてメンバーにアサインする機能など、
統合コミュニケーションツールにタスク管理機能を加えています。タスク管理はチャットワークも搭載しているので結構いいかも。
他にもエンジニア向きで一時的にコミュニケーションから離れて目の前の作業に集中できるように
Focus Mode」が用意されています。チャットが楽しくてコード書くの進まないとかよくありますよね〜w(白目)
もちろんスマホも対応してます。(Ubuntuも!)

https://www.stride.com/downloads


■Cost

https://www.stride.com/pricing

無料から始められるのでめちゃくちゃいい!
しかも一人$3なのでSlackやチャットワークに比べて圧倒的にコストが低い!
もちろんビデオ通話や画面共有も出来るのでいいですね。
気になったのが有料版だとリモートデスクトップができるみたい!


■Free Try

https://signup.stride.com/

とりあえず無料でサインアップしよう!

・UI

UIはなかなかシンプル。
ルームもほとんどSlackに似てる。
リンク貼ると詳細出ないのが残念。

・Gif

Gifは表示できるみたい。
アンパンマン号。

・code

もちろんコードも貼れてタスク管理もできる。

・App

アプリはまだまだ少ないといったところ。Webhook的なものもある。
Atlassian製品使ってる企業にとっては連携が楽ちんでいいですな。
bot連携してみたけど使い方わからんw

・Video

ビデオ通話、画面共有も気楽にできるのでよさげ!(結構重め)


■まとめ

使ってみましたが正直…

Slackには勝てそうもない。。

エンジニア向けなのでコスパ良し、チャットのレスポンスも良し。
企業で使うのは全然ありですね。今後のアップデートに期待します!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げた。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行っている。未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください