😆

そういえばVulsローカル環境を一瞬で作りたいなと思い、
今時VagrantではなくDockerで作りましたぜぃいいいいい!!

※追記

リニューアルしましたので以下を参考にしてください!!

[docker][docker-compose]Vulsの開発環境をリニューアルしてv0.5.0にアップデートしました!


■Docker Hub

https://hub.docker.com/r/tvirus17/vuls_centos7/

■Environment

・CentOS7
・go version go1.10.1 linux/amd64
・vuls v0.4.2 ce56261

【脆弱性スキャナ】Vulsをインストールしてみた!

以前書いたブログで構築されています。
実際に動くか試してみましょう。


■Docker run Vuls

・docker pull

・docker run


■vuls files

Vuls自体のコードはvulsホームディレクトリのgo配下にあり、
Vuls設定ファイルはvulsホームディレクトリのvuls配下に格納しています。
(timezone設定してなかった。。)→run時に-e TZ=Asia/Tokyo入れて直しましたぜ。


■vuls scan

・vuls configtest/scan

・vuls report slack

動く!!😆

あとはgogogo!!!


■まとめ

これでVulsローカル環境はOK。コントリビュートもしやすくなりまっせ!
ちなみにちょんまげさんもローカルDockerだった。

ansible Vuls作ろうとつぶやいたら…

試してみる価値あり。
Vuls Dockerfileも作ろうかな。
皆さんも私のVulsローカル環境使ってくださいな!

ネオビーム😁

カテゴリー: DockerVuls

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください