LINEで送る
Pocket

[AWS][Terraform]SESの設定を自動化してみた

前回↑SESをterraform化しましたが、SES用のSMTPユーザーをIAMで作成しないといけないので、初IAMをterraform化してみました。結構ドキュメントが相変わらずわかりにくいのでハマりましたが、わしのブログを見て参考にしていただければと思いますぞ✌️


■aws_iam_user/aws_iam_policy/aws_iam_user_policy_attachment

https://www.terraform.io/docs/providers/aws/r/iam_user.html

https://www.terraform.io/docs/providers/aws/d/iam_policy.html

https://www.terraform.io/docs/providers/aws/r/iam_user_policy_attachment.html

・構成

特殊なのはポリシーをAPI経由で渡せないので自力でポリシーをjsonで作成します。(ツライ)


■files/policy/ses-policy.json

SESのポリシーを作ります。下記のように同様の権限をつけましょう。


■aws_iam.tf

https://www.terraform.io/docs/configuration/interpolation.html#built-in-functions

作成したjsonファイルはfile関数を使って指定してあげましょう。
その後にIAMユーザーとポリシーをアタッチするイメージ。
ここでterraform applyするとクレデンシャルどうなるの?と思いますが!!
手動でアクセスキーの作成をしましょう。


■まとめ

IAMは手動で管理すればいいと抵抗ありましたが、理解するとこれはコード化したほうが望ましいと感じました。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: AWSTerraform

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、グループ会社インフラ対応、ECS/Fargateへの移行、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください