前回はリスト型についてブログしました。

【Python】初心者がハマるリスト型についてまとめてみた

今回は辞書型についてブログします。
リスト型に比べて覚えることないかも。。
※ちなみにPythonのバージョンは2.7系


■辞書型とは

辞書型は基本1つ1つのデータに名前を付けて保存します。
実際英語の辞書を使う時に調べたい単語をキーワードにして
その単語の説明文を探しますよね。
Pythonではkeyとvalue(key:value)をペアで保存して、キーを使って値を呼び出します。
今回は国際電話の国番号を使って辞書型データを作ってみましょう。


■辞書型を操作してみる

キーを使うと対応する値を取り出すことができます。
[]を使ってやってみましょう。

リスト型と書き方が似ていますがリスト型と違って39番目のデータを
取ってきているわけではなく、キーの一覧の中から39というデータを探して、
italiaという文字列データを見つけています。
もちろんデータがなかった場合はエラーとして出力されるので、
事前に確認するTrueかFalseの真偽型で今度は確認してみましょう。


■要素の追加と変更

次は実際に日本データをぶち込んでみましょう。

JapanからNiponも簡単に変更できます。
変更というより上書きなイメージ。

key1をNipponにも変更できます。


■値の削除と空の辞書

keyとvalueを削除するにはpopを使います。
実際にkey1を削除してみましょう。

次は空の辞書を作ってkeyとvalueをぶち込んでみましょう。


■まとめ

keyとvalueって聞くとAWSのタグを思い出す…
他にもデータ型はあるので次回はtupleとsetについてブログします!(あんまり使わないけどw)

参考
Pythonスタートブック

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer/SRE In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならAWS/docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す