Adachinです。

今回は覚えると「なんて便利なの!?」と感じる、
tmux(てぃまっくす)を紹介したいと思いますよ。
これでみなさんもtmuxが使えるようになってもらえたら幸いです。


■tmuxとは?

サーバに入ると突然ssh切れたりセッションし直すのはめんどくさい。
iTerms2でペインを分割とかできるけれど、また踏み台からログインするのもめんどくさい。
これを解決するのがtmuxである。

端末多重化ソフトウェアで、1つのターミナルで操作しているシェルから実行したtmux上で
複数の仮想端末を操作できるため、 ターミナルを複数開くことなく複数のサーバへログインしたり、
それぞれの仮想端末で別々のプログラムを実行できるようになるため、 より効率的に作業が行える。


■tmuxの流れ

少し簡単にtmuxの流れを書きます。

  1. 踏み台に入る(ssh)
  2. tmux lsで確認
  3. セッションを作る/アタッチする
  4. セッションに入る
  5. デタッチ

これだけ。あとでやり方や用語の説明を紹介します。


■インストール

・Mac

・CentOS

・ubuntu


■.tmux.confの設置

まずはconfファイル作ります。これでいろいろ拡張とかできます。

とりあえず私が公開しているのgithubをコピペで。

https://github.com/RVIRUS0817/Mac/blob/master/.tmux.conf


■tmuxコマンド

覚えましょう!!僕でも覚えたので!(苦笑い)

実際にどんなふうに使うのか順番に書いていきますね。
(ちなみにCtl + bがデフォルトですが自分の場合はCtl + tにしてます。)


gifで流れを見よう

セッションに入り、自分のadachin-serverにssh繋いでみたり、デタッチするところまで紹介してみます。

 


■終わりに

慣れるまで時間がかかると思いますが、
できるようになるとかなり便利。
出社してすぐにサーバの設定ができるのがいいですね。
あとは障害起きた時とかすぐに対応できます。

参考:http://kanjuku-tomato.blogspot.jp/2014/02/tmux.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す