Haiiiii!!! Adachinです。

前回のChefブログは構築のおはなしでしたが、今回は

「レシピってどうなってるの?おおん?」

「knifeコマンドってわけわかめ。おおん??」

といった方々に参考になるとうれしいです。

chefsan

とりあえず、レシピの流れを図にしてみました。


 

■レシピってどうなってるの?

ざっと書くとこんな感じ。
この方法以外にもあるみたいですが、参考になればと・・・

chef_cook

・cookbook

レシピ管理ですね。ミドルを管理してます。apacheとかいろいろ。

・bootstrap

レシピに反映する前に、bootstrapでまずサーバの初期設定を自動で行います。
例えばアップデートとか、ruby入れるとかなどなど。

・data_bags

ここはアカウント、ユーザ情報を管理するところです。
毎回手打ちでユーザ作ったり、鍵設定したりめんどくさいので。。。

・role(役割)

各種サーバの役割をroleで分けてます。
分けることによって必要なパッケージをインストールしたりできます。

・environment(環境)

本番、ステージング、開発用途に合わせて、パッケージや各種ミドルウェアのパラメーターが、環境により違うことがあるので、
設定などを変えたりしています。


 

■じゃあレシピってどうやって作るの!?

参考にしているのは

ここです!

スーパーマーケットさんでほとんどレシピがあるので、ここを見て下さい・・・(・∀・)汗

あとで少し書き方をブログしますw


■knifeコマンドってわけわかめなんですけど・・・

実はknife -hで教えてくれるんですよね。

さらにこのknifeコマンドは

なので簡単ですw

今回はよく私が使ってるのを紹介します。

・nodeのリストを確認

・hogeのnodeがどうなってるのか確認

・hogeのroleを編集

・cookbookのデプロイ

・hogeのcookbookを作成


■まとめ

こんな感じでChefのレシピが動いてます。

僕は一ヶ月で勉強しましたが、

今はレシピ直しと戦ってます(・∀・)汗

 

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す