Hai Adachinです。

今回はZabbixのお話です。

たまにローカルサーバを監視したい、でもGatewayが設定されてないからyumでインストールできない。

じゃあrpmを踏み台にダウンロードして、scpでローカルサーバに飛ばせばいいじゃないか。

ソースで入れちゃえばいいんだと思い、やり方をブログします。

・バージョンは2.2.3です


■ソースでのダウンロードとインストール


■zabbixユーザとグループを作成


■自動起動の設定

・起動スクリプトをコピー

・自動起動の設定


■zabbix_agentd.confの編集


■Zabbix-agentの起動


■ポート10050空いてるか確認

※ダメだった場合


 

■まとめ

意外と簡単。Apacheのソースでのインストールとやり方は同じ。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す