Hai Adachinです。

今回はZabbixのお話です。

たまにローカルサーバを監視したい、でもGatewayが設定されてないからyumでインストールできない。

じゃあrpmを踏み台にダウンロードして、scpでローカルサーバに飛ばせばいいじゃないか。

ソースで入れちゃえばいいんだと思い、やり方をブログします。

・バージョンは2.2.3です


■ソースでのダウンロードとインストール


■zabbixユーザとグループを作成


■自動起動の設定

・起動スクリプトをコピー

・自動起動の設定


■zabbix_agentd.confの編集


■Zabbix-agentの起動


■ポート10050空いてるか確認

※ダメだった場合


 

■まとめ

意外と簡単。Apacheのソースでのインストールとやり方は同じ。

カテゴリー: BlogCentOSZabbix監視

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください