Hi.Adachinです。

そういえばApache系の設定についてブログしていないなあと。。。

nginxもApacheもできないとダメなので・・・

そんでもって、あんまり理解していな・・・そんなことはありません!(;・∀・)

 

今回は覚えるとかなり重宝するRewriteCondについてブログします。


■Apache RewriteCondとは

元々はmod_rewrite の機能で、
RewriteCond に記述した条件が満たされた時のみ、RewriteRule に書いたURLの書き換えと転送が実行されるようにできます。

例えば、「〜にアクセスしたらこっちに飛ばす」みたいなイメージですな。

上記の画像も正規表現使って飛ばしてますね。

なんかリダイレクトみたい・・・


■RewriteCond の書き方


■フラグについて

  1. RewriteCond の適用条件 AND/OR を切替える
  2. 条件判定に大文字/小文字の区別をするか否かを切替える

1は複数指定するとANDとORを切り替えます。フラグを記述しない場合はANDですね。

2は大文字なのか小文字なのか違うのかで切り替えます。そのまんま・・・
[NC]と記述すると切り替えませんね。

正規表現みたいですが、少し例を出してみます。

・条件を一つ指定する場合

・条件を複数指定する場合 

こんなかんじでいろいろ対応してます。


■変数について

Apacheではたくさんの変数があるので、使いこなしましょう!

rewite02


■まとめ

mod系をできるようになると、できないことが可能になって、
非常におもしろい。
ちなみにnginxでもやり方は一緒ですね。

ちなみに前回ブログしたnginxのリダイレクトとなにが違うのか・・・

調べないと(;・∀・汗)

参考:http://httpd.apache.org/docs/2.2/rewrite/intro.html
http://httpd.apache.org/docs/2.2/mod/mod_rewrite.html
http://weblabo.oscasierra.net/apache-rewritecond-base/

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げた。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行っている。未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください