Hai Adachinです。
サーバディスクが壊れたり、
メンバーへの情報が共有されてなかったり、
実際ディスクの構成を調べるために、
LVM (Logical Volume Manager:論理ボリュームマネージャ)
というものがデフォルトで設定されてます。
利用するとどんなメリットがあるのかまとめてみました。


■メリット

・複数のHDDをまとめて一つのファイルシステムにできる
・ディスクの詳細が分かる
・パーティションサイズの変更ができる
・snapshot機能ができる

AWSだとEBSボリュームなどなど。


■LVMの情報を見てみる

fdiskコマンドで現在のパーティションを確認することができます。
LVM使ってるのは/dev/sda2ですね。

mountコマンドを実行すると現在のマウントされているのが分かりますね。
ext3だ・・とか。

swapパーティションこいつだ・・・とか

物理的ボリュームを表示したいときはpvdisplayコマンドを使います。
全部でこんな容量なのか・・・とか

ボリュームグループを表示したいときはvgdisplayコマンド。
仮想記憶装置とかで複数の物理ボリュームを一つの大きなHDDに認識します。

論理ボリュームを表示させたいときはlvdisplayコマンド。
仮想的なパーティションですね。
こうなっているのかあ・・・などなど。

RAID構成の確認


■まとめ

ディスク系はこれで確認ができるので覚えておくと便利ですね。
しかしlinuxは深い。。。・3・
※LVMの情報は適当でございます。

参考:
http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/hpux/developer/column/beg_integrity_10/

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください