HUBOT!!

みなさん覚えているだろうかこいつを。。。(3年前とかビビる)

[hubot]docomo雑談対話APIが笑ったから導入の仕方まで!

毎回hubot起動時にslack.shを叩いて起動するんですが、これがなんともめんどくさいため、
作成してみました。(世界初!?)


■/etc/init.d/hubot

特にstartする場合は超パワー系となっております。(これが限界)
statusはpgrep -fを使って文字列がマッチしたプロセス全て出力してます。
↑slack.shなどのプロセスがpgrepで判定しないためstopしてもプロセスが残ったままになってしまうため!

・/etc/init.d/hubot 

とりあえず停止、起動、再起動できるかやってみたところ問題ナッシングね。

😁


■まとめ

systemd用も作ろうかな…

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください