LINEで送る
Pocket

以前、うちの後輩が

「ZabbixのダッシュボードダサいのでGrafanaと連携したんですがうまくいかなかったんですよね〜」

と言っていたので、そんなわけないだろおおおおと速攻で試してみました。
Zabbixと違いスクリーンの表示がめっさ早くデザインに圧倒されるので導入すると良い!
(Grafana童貞です😆)


■About Grafana

https://grafana.com/

GraphiteやElasticsearch、OpenTSDB、Prometheus、InfluxDB等の
データソースに蓄積されたデータを可視化するダッシュボードツール。
Kibana3からforkされたOSSであり、コミュニティにより活発に開発が進められているとのこと。
プラグインも豊富で各サービスと連携しやすいのがメリット。


■Environment

・CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)(GCE)
・grafana-server v4.6.3
・alexanderzobnin-zabbix-app v3.8.1
・zabbix_server (Zabbix) v3.0.14
・H2O v2.2.4

・Open port 3000


■Install Grafana

・install fontconfig

・install grafana-4.6.3-1

・systemctl grafana

・install alexanderzobnin-zabbix-app


■Add zabbix user grafana

ZabbixからGuestユーザグループにgrafanaユーザを作りましょう。
権限は全てのホストをぶち込んでread onlyにします。


■Setting Grafana

・URL

http://adachin.com:3000
first pass admin/admin

・Installed Apps

・Zabbix plugin Enable

・Data Sources

Save & Test押して緑バナー出てきたら連携OK!!


■Zabbix Server Dashboard

グラフキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!😁

こちらはZabbix3自体のモニタリング専用のダッシュボードとなります。
もしグラフ出てこない場合は以下のようにEditしてホスト名を指定してあげればOK。


■Zabbix System Status

 

障害情報が各ホストグループで可視化されてます!
分かりやすい。


■Zabbix Template Linux Server

 

こちらは各ホストのリソースがグラフ化されてます。(あとでディスクなり追加しとこう)
ホストグループごとにちゃちゃっと切り替えができます。(はやっ)

カスタマイズ後・・・

 

😆


■まとめ

ZabbixとGrafana連携は簡単!
しかもGrafanaは一つのMetrics作れば変数化されるのでわざわざZabbixスクリーンポチポチする必要がない!
今後はホスト追加はzabbix-ansibleで行ってグラフはGrafanaで見ていくのが効率良い!
URLアクセスは後ほど、
次回はH2Oで3000portから/grafanaにプロキシして
アクセスできるように試してブログ書きます。
↓書いた

https://blog.adachin.me/wordpress/archives/7281

Grafana-Zabbixはansible化もしてるので参考に。

https://github.com/RVIRUS0817/ansible_grafana-zabbix

参考
https://grafana.com/grafana/download
http://azure.sios.jp/archives/4979

LINEで送る
Pocket


あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください