こんにちわ。Vimmerの皆様。
今更ながらVimからNeovimとdein.vimに移行してやりました。
設定など結構ダルい部分があると思いますが、Macの設定など全てansibleで管理しているので、
(以下リンクより)今回手動でやる方法とansibleでの実行方法を晒します。

[homebrew]ansibleでMacの環境を自動化してみた


■参考

https://blog.lorentzca.me/move-to-neovim-and-dein-vim/

基本友人(キャンパー)のブログを参考にしました。
Neovimやdein.vimの概要については上記のリンクを見て学びましょう。(相変わらず省いてるので公式も読みましょう)


■構成


■install NeoVim(Mac)

https://github.com/neovim/neovim/wiki/Installing-Neovim

・brew install

以前までは$ brew install neovim/neovim/neovimからただのneovimに変わりました。

・fix init.vim

ここでneovimの設定ファイルを修正しときます。


■install dein.vim

https://github.com/Shougo/dein.vim

・curl installer.sh

プラグインマネージャーもぶち込みます。

・install

インストール先を~/.cache/deinに変更すると環境が違っても動くのでバタバタしない!
インストール後dein Scripts以下をinit.vimにぶち込みましょう!と言われるので上記のようになります。

・dein.toml

カラースキームはdein.tomlで管理してあげましょう。(fix init.vimにてtomlで動くように指定します。)
今回はmolokaiとtender.vimをインストールしました。

https://github.com/tomasr/molokai
https://github.com/jacoborus/tender.vim

・install color

・copy color

必ずcolorは~/.config/nvim/colorsにコピーしましょう。

■.zshrc

毎回nvimと打つのはダルいので.zshrcにエイリアス追加しとくと便利!


■すると!

😄!!


■ちなみにansibleだと

https://github.com/RVIRUS0817/ansible_Mac

neovimインストール自体は別roleで分けているので設定ファイルを自動化しているだけです。

・main.yml


■まとめ

もうAtomいいかな…
ansibleで管理しとくと楽!

他にもプラグイン入れて触ってみます!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す