こんにちわ。Vimmerの皆様。
今更ながらVimからNeovimとdein.vimに移行してやりました。
設定など結構ダルい部分があると思いますが、Macの設定など全てansibleで管理しているので、
(以下リンクより)今回手動でやる方法とansibleでの実行方法を晒します。

[homebrew]ansibleでMacの環境を自動化してみた


■参考

https://blog.lorentzca.me/move-to-neovim-and-dein-vim/

基本友人(キャンパー)のブログを参考にしました。
Neovimやdein.vimの概要については上記のリンクを見て学びましょう。(相変わらず省いてるので公式も読みましょう)


■構成


■install NeoVim(Mac)

https://github.com/neovim/neovim/wiki/Installing-Neovim

・brew install

以前までは$ brew install neovim/neovim/neovimからただのneovimに変わりました。

・fix init.vim

ここでneovimの設定ファイルを修正しときます。


■install dein.vim

https://github.com/Shougo/dein.vim

・curl installer.sh

プラグインマネージャーもぶち込みます。

・install

インストール先を~/.cache/deinに変更すると環境が違っても動くのでバタバタしない!
インストール後dein Scripts以下をinit.vimにぶち込みましょう!と言われるので上記のようになります。

・dein.toml

カラースキームはdein.tomlで管理してあげましょう。(fix init.vimにてtomlで動くように指定します。)
今回はmolokaiとtender.vimをインストールしました。

https://github.com/tomasr/molokai
https://github.com/jacoborus/tender.vim

・install color

・copy color

必ずcolorは~/.config/nvim/colorsにコピーしましょう。

■.zshrc

毎回nvimと打つのはダルいので.zshrcにエイリアス追加しとくと便利!


■すると!

😄!!


■ちなみにansibleだと

https://github.com/RVIRUS0817/ansible_Mac

neovimインストール自体は別roleで分けているので設定ファイルを自動化しているだけです。

・main.yml


■まとめ

もうAtomいいかな…
ansibleで管理しとくと楽!

他にもプラグイン入れて触ってみます!

カテゴリー: AnsibleMacNeovimvim

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください