アトラシアンチャットツールが全て!!
Vuls通知できるようになりやした!!

以前Hipchatも対応し、コントリビュータのかずみんがまた開発してくれやした!

[Vuls][Add HipChat Support #203][hipchat support #593]通知先にHipChatが加わるのでテストしてみた!

Strideは今年出たアトラシアンチャットツールですが、
海外でも評価はかなり高く、何よりも無料というところが凄すぎ。(以下のブログで書いてます)

[Chat]AtlassianがSlackに対抗してStrideをリリースしたので使ってみた!

早速通知してみまっせ!!!


■Stride support #624

https://github.com/future-architect/vuls/pull/624

https://github.com/future-architect/vuls/pull/624/files

・config.toml

・stride API

こんな感じでconfig.tomlとapi発行してあとは$ vuls report -to-stride付けるだけですな。


■Vuls Stride 

😁

自分のブログスキャンしてみましたぜ!(悲鳴)
やっぱslackの見やすさは偉大ですな〜〜


■まとめ

HipchatにしろStrideにしろ、ほぼチャット系にVulsは対応したので、
ぜひVuls運営していない方はやってみてくださいな!
chatworkも私作ったので使ってくだせえええ!!

[Vuls][ChatWork support #634]待望のchatworkに通知できるように作りましたぜ!!!!!!

😆

ubuntu18も!!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す