完全に忘れていたnginxより早いh2oを試してみました。
水です。
水がWEBサーバになっちゃうんです。(白目)


■h2oってなに?

元DeNAのMr奥さんによって開発されたもので、
ベンチマークを取ったところnginxよりクソ早いとかで話題になりました。
早いというかnginxもチューニングすれば同じくらいのパフォーマンス出せるのですが、
h20はデフォルトでチューニングされてるといったかんじ。
設定ファイルもymlなので非常に読みやすいし書きやすいのがメリット。
↓確かにベンチマーク見ると驚きの早さ。

・資料


■CentOS6.8でインストール

ちなみにドキュメントはこれ。
https://h2o.examp1e.net/configure.html

※今回はソースでのインストールなのでrpmとかyumでもインストールできます!

・サーバに必要なものをインストール

・git clone してmake してビルドしてインストール

・h2oのバージョン確認

・設定ファイル

デフォルトだとexampleの中にh2o.confてのがあるんですが、
/etc/h2o内に移動しゃってOKです。
h2o.confってのがnginx.confみたいなやつ。
バージョンアップしてからincludeが使えるようになったので、
今回はそれを使ってやってみます。

・h2o.conf

・sites-enabled/blog.adachin.me

・起動

・確認

キタコレ


■起動スクリプトを入れる

とかやりたいので以下のinit scriptを使いました。
http://qiita.com/petitviolet/items/7881424584b461787f62

・確認


■まとめ

シンプルでいい!
adachin.serverもh2oにしてみよう。
yumでインストールしたほうが楽だわ。

参考
http://dotnsf.blog.jp/archives/1058881194.html
https://blog.lorentzca.me/split-configuration-file-of-h2o/

 

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer/SRE In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならdocker。言語はPython。 WEBならH2o。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す