Pocket

ConoHa VPSからDigitalOceanに移行しました!

さあ!!

というわけでDigitalOceanでのTerraformを初経験したので、機能などを紹介していきましょう!今回はAWSのEC2にEIP付けて、セキュリティグループ開けて、DNS紐付けたイメージとなります。LBはプラス$10もかかるので簡単なVPS構成となっています。


■やること

  • Droplet (AWSでいうEC2)
  • OS ubuntu 18.04
  • region Singapore
  • 2core 2GB
  • floating ip (AWSでいうEIP)
  • Firewall(22,80,443) (AWSでいうセキュリティーグループ)
  • DNS

■準備

  • make API
  • add ssh-key

  • ssh-keyのIDを確認

・DigitalOcean側のssh-key IDを確認

    • Terraform Cloudの設定

    State(tfstate)ファイルをTerraform Cloudへ移行してみた

    [DigitalOcean]Terraform v0.13.0のrequired_providersについて

    • 構成


    ■Terraform files

    https://github.com/RVIRUS0817/terraform_plaza/tree/master/envs/DigitalOcean

    • do_backend.tf

    • do_droplets.tf

    https://www.terraform.io/docs/providers/do/r/droplet.html

    • do_firewall.tf

    https://www.terraform.io/docs/providers/do/r/firewall.html

    • do_dns.tf

    https://www.terraform.io/docs/providers/do/r/domain.html

    https://www.terraform.io/docs/providers/do/r/record.html

    • variables.tf


     ■まとめ

    特にハマることなく秒で作れたので参考にしてみてください!

    Pocket


    adachin

    1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わる。好きなツールはAnsible,Terraform,CircleCIで、ECS/Fargateでのインフラ構築を得意とする。副業では数社サーバー保守とベンチャー企業のインフラ改善やMENTAで未経験者にインフラのコーチングを実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、DevOps、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、ECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面作成、メンター、分析基盤の運用を担当している。

    0件のコメント

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください