Adachinですっ。

インフラの友人が「Alpine Linuxの勉強会が渋谷であるんだけど行かないか?」と誘ってきたので、

仕事帰りに行ってメモ取ってきました。

下記イベント詳細:Alpine Linux Meetup Tokyo #1

a01


■Alpine Linuxとは

読み方は「アルパイン」です。
musl libc、BusyBox をベースに構成されているやたら軽量でセキュアなLinux(組み込み系にも最適)。
LinuxではCentOS、Ubuntuが非常に有名ですが、なんでAlpineが最近熱いのか!?
それはこんな記事からだったのです・・・(下記にてリンク飛べます)

Docker Official Images are Moving to Alpine Linux

元々、Dockerのイメージファイルは圧縮されてかなり少ないイメージになっているんですが、
どうせならAlpine Linuxにしちゃおうぜ!となり、計画中と発表されましたが、既に切り替わっているようです。
そんなわけで、IT業界ではお祭り騒ぎになっているわけです。

というわけで、今後もしかしたらAlpineに切り替わるかもしれないので勉強がてらDockerに入れてみました。


■Docker Hub

DockerHubにAlpineのイメージファイルが上がってるんですが、
2つあってどれを使えばいいのかわからん!
勉強会でどっちを使えばいいのか教えてくれました。

https://hub.docker.com/_/alpine/

こちらは公式。
apk-installコマンドがバンドルされてない。

https://hub.docker.com/r/gliderlabs/alpine/

apk-installコマンドがバンドルされている。

これくらいなので、gliderlabsでもOKです。結局同じですw
apk-installについては以下で説明します。


■Alpine Linuxパッケージマネージャコマンド

・パッケージ追加/バージョン指定/パッケージ群をまとめて別名に

・パッケージ削除

・アップデート

・アップグレード

・インストール後にゴミを消す

ここらへんをよしなにやってくれるのがapk-installコマンドなのです。


■ちょいと動かしてみた

約5MB!?驚異的な軽さだ。。
ちなみにISOだと83MBだそうです。

なんとAlpineはbashでなくsh(ash)だということを気をつけよう!!!
bashが必要ならインストールしよう。

コマンド系は/bin/busybox (単一バイナリ)のシンボリックリンクになっている。


■cyberの@stormcat24さんより

実際に本番運営(xxxx FRESH!)をしている。
すぐ動画系のあれだと気づいた。
ECS(dockerに最適なEC2)とNginxで動いており、特に問題なく動いてるそうです。(すげえ。)


■@tonymorrisjpさんより

自作サーバにAlpineいれてdesktop環境が作れなくて断念したという話が会場でウケて爆笑した。
非常に市場価値があるなど。


■Amazonの人

実作業でECS使ってdockerにAlpine入れてゴニョゴニョしてた。
パワポ配布されてないかな….


■まとめ

勉強会の雰囲気は最高で現地に迷ったが会社の近くで笑った。
自分自身Alpineを使っていなかったので、勉強になった。
とにかくイメージは軽さは正義であることと、
管理画面とかwordpressとかAlpineでもいいんじゃないかと感じた
次回もこの勉強会に参加していこうと思う。

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer/SRE In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならAWS/docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す