そろそろTerraformでGCP駆使したいなあと思い、
AWSと同じようにローカルMacにクレデンシャルを設定する必要があるので(aws cli的なもの)
今回は超備忘録!ということでいってみましょう。

※前回はCentOSからGCPに認証したい場合はやった

[CentOS]爆速でGoogle Cloud SDKをインストールする


■Mac OS X 用のクイックスタート

https://cloud.google.com/sdk/docs/quickstart-mac-os-x?hl=ja

 

とりあえず公式通りやってみる。


■サービスアカウントの作成

こんな感じでterraformアカウントを作成します。
一旦役割はオーナーでキーのタイプはJSONにします。
作成するとkeyがjsonでダウンロードできるのでデスクトップに保存します。


■Install Google Cloud SDK for Mac

・download

とりあえずホームディレクトリにgcloudディレクトリ作って突っ込みます。
(隠しディレクトリでもよかったかも)

・run install.sh

からの私はzshを利用しているのでシェルを読み込ませます。

これでgcloudコマンドが使えるようになった。

・gcloud auth 

一旦先ほどサービスアカウントを作成したjsonファイルを見てみましょう。
上記を参考にしてアカウントを認証してみます。

よしできた!


■まとめ

ハマったのzsh読み込ませるくらいw
アカウント切り替えたい場合は$ gcloud config set account アカウント名
でOK。Terraformやります。

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer/SRE In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならAWS/docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして脆弱性スキャナVuls追いながらVulsRepo init fileのコミッターでもある。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す